相続・遺言

2019年3月2日

相続・遺言

横浜の弁護士 相続・遺言

こんなお悩みございませんか。

亡くなった母は資産家だったのですが、秘密主義で、どのくらい遺産があるのかよく分かりません。調査してもらうことはできますか?

夫とは長期間別居していましたが、最近夫が亡くなりました。すると夫の内縁の妻だという女性から『遺産は自分と子供が全てもらう、そういう内容の遺言もある』と言われています。どうしたらよいでしょうか?

亡くなった父は、私の兄に遺産を全て相続させるという遺言を残していました。兄は、当初 『それではかわいそうだから』と言って私にもいくらか分けてくれるようなことを言っていたのですが、半年ほど協議を続けているうちに『やっぱり遺産を分けたくはない』と言うようになりました。私は結局遺産をもらうことはできないのでしょうか?

先日母が亡くなり、相続の手続をしなければいけないのですが、親戚同士疎遠にしており誰に連絡を取っていいのか分かりません。調べていただくことはできますか?

亡くなった夫はパチンコのために借金を重ねていました。私は、夫の借金を引き継がなくてはいけないのでしょうか?

亡くなった夫は、生命保険の受取人を私にしてくれていたので、保険金をもらうことができたのですが、他の相続人から『そのお金は平等に分けろ』と言われています。分けてあげなければいけないのでしょうか?

私は母とアパートで2人暮らしをしていましたが、先日母が亡くなりました。アパートは母名義で借りていたのですが、私はアパートを出ていかなければいけませんか?

遺産分割をした後、親戚間でその内容について揉め事があり、遺産分割をやり直したいと思っています。それは可能でしょうか?

死ぬ前に遺言を作っておきたいのですが、いつ、どのように作ればいいですか?これからどう心変わりするか分からないので、死ぬ直前に作るのが良いと思うのですが、それでよいでしょうか?

母が生前『遺産はこう分けるからね』と口にしていた内容と、母が亡くなった後出てきた遺言書の内容が全然違います。やはり遺言書の内容に従わなければいけないのでしょうか?

遺産分割協議をしたいのですが、相続人の1人が認知症になってしまっています。遺産分割協議をすることはできないのでしょうか。

一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

>>遺言・相続に関する弁護士費用はこちら

横浜の弁護士 横浜よつば法律税務事務所へのお問い合わせ

2019年3月2日