事業承継

2019年8月27日

事業承継

横浜の弁護士 事業承継

こんなお悩みございませんか。

私も高齢になったので、長年経営してきた会社を長男に継がせたいと思っています。税務上の問題を考慮しながら、なるべく親族間で揉めない形で会社経営の権限を長男に集中させたいのですが、どのような方法がありますか。

私には子供がいないので、長年私の会社で私の右腕として働いてきた従業員に会社を継がせたいと考えています。税務上の問題を考慮しながら、私の保有する株式を譲渡するといった手続をどのように進めていけばよいでしょうか。

私は高齢になり、会社を継ぐ家族・従業員もいないので、会社をたたもうと思います。しかし、取引先から、私の会社のノウハウは他社では補えないので困る、私の事業を買い取りたいと言われていますが、どのように対応すればよいでしょうか。事業を引き継いだ場合、私の責任はどうなるのでしょうか。

事業拡大のため取引先を買収しようと考えていますが、必ずしも取引先の内情に詳しいわけではありません。リスクを負いたくないので事前に十分な調査をしたいと考えておりますが、どうすればよいでしょうか。

一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

>>事業承継に関する弁護士費用はこちら

横浜の弁護士 横浜よつば法律税務事務所へのお問い合わせ 横浜の弁護士 横浜よつば税理士事務所

2019年8月27日