後見

2019年3月2日

後見

横浜の弁護士 成年後見

こんなお悩みございませんか。

父が認知症になり施設入所を考えていますが、その費用を工面するには父 の不動産を売却する必要があります。どのような手順で進めていけばよいでしょうか。

認知症の母の財産管理を自分がしようと思っていて、親族にも反対する人はいませんが、後見人等の選任申立手続がわかりません。

交通事故により夫に重度の障害が残り、ものごとを自分で判断できない状態になりましたが、相手の保険会社から現状では夫との示談ができず保険金を支払うことができないと言われました。どのように対応すればよいでしょうか。

遺産分割協議をしたいのですが、相続人の1人が認知症になってしまっています。遺産分割協議をすることはできないのでしょうか。

私が認知症になってから知らない人が私の財産を管理するのではなく、判断ができる今、私が信頼できる人に将来の財産管理を任せることができないでしょうか。

私は、判断能力が低下した父と離れて生活していますが、どうも私の弟が父の財産を勝手に使っているようなので、父の財産の管理を第三者に任せたいと考えています。どのようにすればよいでしょうか。

私には知的障害の一人息子がいますが、私と妻が死んだ後に財産を適切に管理できるか不安です。どのようにしたらよいでしょうか。

一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

>>後見に関する弁護士費用はこちら

横浜の弁護士 横浜よつば法律税務事務所へのお問い合わせ

2019年3月2日